究道会館北海道支部指導員ブログ

究道会館北海道支部の指導員によるブログです。

稽古後のボディケア

唯陽指導員から稽古後のボディケアについて振られたの、保護者の方々にお願いがてらお話ししますね。

保護者の方々にも良いお話しなので参考になればと思います。

凄く簡単です。
打撲、捻挫、筋肉疲労
全て出来るだけ早く冷やして下さい。
アイスバッグが良いですが冷水でもOKです。
時間は40分冷やして、20分休む
打撲、捻挫の場合は2日間位は繰り返し行うと良いでしょう。
患部は、2日間位は症状が悪化し続けてますので、アイシングや圧迫により代謝を抑えて、患部の広がりを抑えます。

全身疲労等は水風呂が良いですね。
全身浸かるので数十秒から数分でOK
我慢してはダメですので、痺れや麻痺する前に止めて、回数を増やして対応するのが良いでしょう。

ダメな事!
温める、揉む
打撲、捻挫、筋肉疲労共に悪化させます。
よくゴルフやスキー帰りに温泉に入って疲労を取って…ウソです。
余計に疲れて、良く寝れるとかが勘違いされてます。

ゴルフ、スキー帰りは温泉に寄って水風呂に入るが正解です(^^)d

打撲、捻挫の場合、3日、4日位で症状や痛みが安定してきたら、体か回復に向かいます。
回復に向かい始めたら、お風呂などで温める、冷やすを交互に行って、血行を良くして回復を早めてあげましょう。

医者に見せるよりも、まずアイシング、圧迫と言われてます。
是非実施してやって下さい。

親睦会について

どうも、松本峻太朗です。

前回同様、今は自分がテスト期間で、稽古に行けてないので、日記はまた今度ということで、今回は審査会の後の親睦会について書いていこうかなと思います。

親睦会とは、字の通り親しくなるための会なんですが、

究道会館では、審査会の後にみんなでお店に行って食事をしながらワイワイはしゃいだり、時には堀池館長が神戸からお土産を持ってきてくださってみんなでゲームをしながら取り合ったりなど、終始みんなでワイワイして楽しめる会になっています。

また、時には二次会があり、カラオケに行って熱唱したり、稀に少し気持ちが悪くなって、、、と言ったこともあります笑。

次回の四月の審査会の後にもあるかもしれないので、その時には写真付きでみんなが楽しんでいる様子を紹介できたらなぁと思います。楽しみにして頂ければ幸いです。

こんな感じで紹介したところで、自分の今回の記事は終わろうかなと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。

金曜日の主な稽古内容

指導員の吉田唯陽です。今日は手稲で少年部、一般部がありました。一般部といいつつも今では子供たちがほとんどで、帯の色関係なく汗を流しながら必死に頑張っています。

少年部の稽古内容としては、基本稽古、移動稽古、型、最後に補強といった内容です。「基本ができて、次に移動稽古ができて、次に型、そして最後に組手に繋がる」と、昔言われたことを覚えてます。今自分が指導しててまさにその通りだと感じています。組手で修正点を伝えるとき、「こういうのは基本稽古や移動稽古で直せるからそこの稽古もしっかりやろうな」と、声をかけることがあります。やはり基礎ができていないと応用に繋げるのは難しいので、みんな...あまり好きじゃない気持ちはよく分かるが基本も移動も頑張ろう!!!👊

次は一般部です。一般部はミット、組手がほとんどです。ミットで教えてもらったことを意識しながら組手に繋げるという形になります。やはり組手などをしていると怪我をする生徒も多いのではないのかなと思います。自分も常にどこか痛めながら組手をしています笑

今日も中山師範との組手中に実は腕を...笑

そのままにしておくと治りも遅く、練習に支障が出てしまうことがあるので打撲をした時はしっかり冷やしたりしましょう。するとしないとでは治りの速さが全く違います。ですが、僕は治すことについてすごく知っている訳では無いので、信用出来ない方はぜひ中山師範や吉田指導員に聞くと教えて貰えるかと思います。

風邪に気をつけてこれからも稽古頑張っていきましょう👍

中山先生という人について

お久しぶりです内藤です

最近忙しくてあまり道場の方にも行けてなくて吉田くんにがんばってもらってるのですが、ここで思ったことがあるので少し書こうかと

最近僕は大学のメンバーと一緒に起業しまして、その事業のうちのひとつとして数件の企業様のHPをつくらせて頂いてるのですが、楽しさはありますがこれが予想以上に忙しくて大変な状況です。

これがバイトや学校とはワケが違う、働くということかと感じているところで、ここ10年以上もずっと仕事をしながら空手の指導、ひいては道場経営までを両立している中山先生の偉大さを再認識しました。

しょーもないギャグばかり放ったり、HPの中山先生の顔をキムタク風にしろなどと訳の分からないことばかり言う先生ですがやはりすごいひとだなと。日中仕事して夜は指導、さらには高校生と全力で組手なんて圧倒的な体力ですね

その圧倒的体力と運動量もあってか35になってもいまだに学生と勘違いされるような若さと見た目を保っています

やはり運動を続けるのは大切ですね

僕も10年以上先生のご指導を受けてきましたが、仕事と両立しながらも指導を続け、ずっと変わらず道場生第一で優しい先生なので、いまの道場のこどもたちは先生を信じて、今後も頑張っていってほしいとおもいます。

子供の成長

どうも中山指導員です。

 

冬は夜間仕事があったりして他の指導員に手伝ってもらいながら稽古してます。本当に有難いです。

 

さて子供の成長ということでご父兄様に一言。

 

月に一回でも良いので稽古を見に来てください!

 

少しでも良いので、今しか見れない彼らの成長の姿を是非!

 

叱るためではありません。あくまでも成長を見守って下さい。どーかどーか!うちはいつでもウェルカムです!

 

教室に来づらい方は私と仲良くなりましょう笑

 

空手やってて良かったと思えるようにいつも指導員一同稽古してます!これからもよろしくお願いします。

 

サービスショット

f:id:kyudo-h:20200219215339j:image

私の息子です。何歳の時か忘れました笑

 

今ではとーちゃんカラテやろうといってパンチしてきます。困ったものです笑

 

若い指導員たち

小学生の時から知ってる子供達が、指導員と呼ばれる立場になってきました。

各々、ほんと真剣に子供達に良い指導をしようと様々な事を考えてくれてます。

このブログもまだ読者少なそうですので、若き指導員達へ


教える…伝えるのか、伝わっているなのか

一緒に行う…伝わらない事も、出来るようになる


指導員も、生徒と一緒に成長しよう👍️